日焼けと紫外線

子供のころから何気なく知っている日焼けですが、一体どんな現象なのでしょうか?説明できる方は少ないかもしれませんね。今回は日焼けとは何か?そしてそれに強く関係している紫外線について取り上げたいと思います。

 

まず日焼けというものは、太陽光線の中にある紫外線を長時間、過剰に受けることで起こる炎症反応なんです。UVと紫外線は記載されますが、A〜Cまで3種類に分類されています。どのように分類されているかというと、その光の波長によって、長い方からA、短くなるに従ってB、Cと分けられています。この内UVAとUVBは地表まで届いて私たちの肌にも影響します。

 

紫外線A波は一番人体への影響が少ない紫外線とされています。しかし肌の奥まで届く性質があるので、女性は要注意です。シワやシミのもとになってしまうからです。この紫外線A波がメラニンを生成し、肌を黒くする作用があるんですね。

 

次に紫外線B波ですが、有害性はA波より強力なものです。日焼けで赤くなったり、水ぶくれができたりするのはこのB波によるものなんです。皮膚にはもちろん悪いのですが目にも有害な光線です。シミ、シワ、お肌の老化、免疫力低下、皮膚ガン、白内障なとの病気とも深く関わる厄介な紫外線です。

 

最後に紫外線C波ですが、これは本来オゾン層で止まってしまい、地表には届かない光線です。しかし最もエネルギーがあり、人体への影響が最も大きいものです。殺菌用として使用される程の光線です。最近ではオゾン層の破壊により、直接紫外線C波を浴びるケースが出ています。