にんにく卵黄に寄せられたQ&A

●にんにく卵黄についてのQ&A
にんにく卵黄について、よくある質問をまとめてみました。

 

1.コレステロール値が高いのが心配ですが、にんにく卵黄を飲んでも問題ないでしょうか?
卵はコレステロール値が高いと言われますが、健康体な方が1日2〜3個を摂取する程度なら、コレステロール値に大きな影響はありません。卵黄にはレシチンという悪玉コレステロールを除去する作用のある成分が含まれており、適量を食べることでコレステロール値を下げる効果を期待できます。

 

2.高血圧なのですが、にんにく卵黄を服用しても大丈夫ですか?
にんにくには『アリシン』、卵黄には『レシチン』という成分が含まれ、いずれも体内の血行を促進する作用があります。血圧を下げる効果に期待ができる成分を含んでいるので、むしろ血圧が高い方にこそおすすめです。にんにく卵黄を飲み始めて高血圧が解消され、体調が良くなったという方もたくさんいらっしゃいます。

 

3.卵アレルギーがあるので、にんにく卵黄は服用して問題ないか心配なのですが?
卵アレルギーには、卵白に対するアレルギー、卵黄に対するアレルギー、生卵、加工品など様々なアレルギーがあり、にんにく卵黄でも反応が出る場合と出ない場合があります。にんにく卵黄に使われているのは卵黄のみなので、卵白や生卵に反応するアレルギーの場合なら服用できると言えます。ただしアレルギーのタイプが複合している方もいらっしゃいますから、絶対ではありません。またどんなタイプでも個人差がありますから、あまりおすすめはできません。どうしても服用したいという場合は、医師に相談しましょう。

 

4.妊婦です。胎児への影響などは、心配ないでしょうか?
にんにく卵黄は、九州地方南部を中心に昔から伝統食品として食べられてきました。安全性にこだわって作られた高品質の製品ですので栄養価が高く、妊婦さんをはじめお腹の中の赤ちゃんの栄養補給にも最適です。妊娠中の方はご自身にも赤ちゃんのためにもバランス良い栄養補給が重要ですから、にんにく卵黄でのスタミナと栄養補給をおすすめします。

 

5.アトピーですが、治療に効果がありますか?
にんにくにはデトックス効果があり、体内の毒素を排出し、体質改善をしてくれるという働きがあります。皮膚の保湿効果もありますので、アトピーの改善にも効果を期待できると言えます。にんにくや卵黄に対してアレルギーがないようなら、ぜひおすすめしたいです。

 

6.にんにくの取り過ぎで胃痛になるのが心配ですが、胃の弱い人でも大丈夫ですか?
生のにんにくには強い殺菌作用が含まれており、食べ過ぎると胃に刺激が強すぎて胃腸に負担がかかりがちです。しかし焙煎されたにんにくに卵黄を組み合わせると刺激の元である成分が減少し、卵黄に含まれるタンパク質が結合することで、胃にやさしいマイルドなサプリとなったのがにんにく卵黄なのです。それでも心配だという方は、少ない量から徐々に飲み始めるようにしてみるのはいかがでしょうか。空腹時の服用を避けることで、胃への負担も少なくすることができます。

 

7.にんにくと卵黄を個別に食べたのと、どんな違いがあるのでしょうか?
にんにくと卵黄は別々に食べても多くの栄養素を取り入れられますが、併せて摂取すると卵黄の中性脂肪とにんにくのアリシンとが結びつき、『脂質アリシン』という成分が生まれます。脂質アリシンは体の老化を防ぎ若さをキープしてくれますし、卵黄内のレシチンの働きを活発にしてコレステロール値を下げてくれます。にんにくと卵黄それぞれの料理を同時に食べれば、同等の効果を得られます。ですが、毎日そんな料理を続けて食べるのは難しいものです。毎日手軽に健康の源を摂り続けることができるのが、にんにく卵黄サプリメントの良いところです。